無利息でお金借りたい!無利息サービスがある金融はどこがおすすめ?

無利息でお金借りたい!無利息サービスがある金融はどこがおすすめ?

無利息でお金借りたい!無利息サービスがある金融はどこがおすすめ?

お金で困る場合に最終手段として消費者金融などから借り入れをするという方法があります。

 

利率は確かに高いですが、無担保で借りれるので給料前のその場しのぎに等、即日で審査、融資してくれる所もあり、すぐにでも欲しいという点ではメリットがあるでしょう。

 

カードローンやキャッシングでの利用では消費者金融系、信販系、銀行系に分ける事が出来ます。

 

中でも無利息キャッシングや無利息でお金借りる事が出来るのは消費者金融系のウリでもあります。数日以内限定と「短期間で返済できるという事」が無利息の条件である事が多く、高い金利を払う事が多いキャッシングやカードローンですが、短期で返済できるめどがあるという条件ならば無利息の所を選ぶと損はないでしょう。

 

ただし、返済期限以上の借り入れになってしまうと他で借りるよりも高金利になりやすいのであくまで返済計画が早期に返せる人が利用するメリットがあるでしょう。

 

また消費者金融系での融資は貸金業法の総量規制が完全施行されてからはやみくもに借り入れる事が難しく、審査も厳しくなってきています。

 

まずは銀行系でも信販系でも該当しますが、20歳以上である事、一定期間の収入がある事、定職に就いている事などの必要最低限の審査基準に加えて、年収の三分の一を超える貸し出しは出来ないと定められた事により、借り入れ額の制限が出る事になりました。

 

他の会社から借りている場合、合計で100万円以上超えると収入証明書の提出を義務付ける等、生活に見合った額でしか貸してくれなくなったのです。総量規制の審査基準に該当しない専業主婦や定職に就いていない人等は対象外となる銀行系カードローンに申し込む人も多いです。

 

最近の銀行系のカードローンは一部では配偶者が定職に就いていれば借りれる事もあり、敷居が低いカードローンでもあります。無担保なうえに利用目的も報告不要なのである程度まとまった額を貸し付けてくれる点が特徴的です。

 

しかし、言い換えれば消費者金融系の総量規制は自分の身の丈に合う生活での審査基準である為に使いすぎて失敗する人には歯止めをかけてくれる救世主でもあります。

 

もしお金を借りようと考えるのであれば、金利の高さよりも、「スピーティーな融資」、「無利息である」などの自分にとっての使い勝手の良さ、審査が通るかどうか自分の属性に合う所を順に考えていけば自分に合うカードローンやキャッシングの会社が見つかるでしょう。