みずほ銀行カードローン 金利が低くておすすめのキャッシング

みずほ銀行カードローン詳細情報

みずほ銀行カードローン

 

・最高限度額はゆとりの1,000万円
・24時間申込み受付可能
・みずほ銀行キャッシュカードを持っているとなおさら便利

 

みずほ銀行カードローン 金利が低くておすすめのキャッシング

みずほ銀行カードローンは他の消費者金融との金利比較ではかなり優位です。

 

みずほ銀行カードローンではエグゼクティブプランとコンフォートプランと2つのプランがあります。

 

エグゼクティブプランでは金利年3.0%から7.0%、コンフォートプランでは金利年3.5%から14.0%に設定しています。

 

どちらのプランも最大限度額は1000万円と500万円が多い消費者金融との限度額比較でもほぼ倍です。

 

キャッシング即日融資を受けたい場合はみずほ銀行口座が必要ですので、急ぎのときは消費者金融のほうが優位ではあります。

 

まずはインターネットでお申込み、すぐに審査が開始されメールで結果がご連絡されます。

 

必要書類をケータイやスマホ、デジカメで撮影し画像を登録用URLに登録します。

 

みずほダイレクトをご利用中の方、かつ手元に通帳が用意できる方で、限度額200万円以下を希望すれば必要書類の提出は不要です。

 

その後にカードローン口座開設の連絡がきます。

 

ここまでなら最短即日で進みます。

 

 

 

銀行のカードローンは保証会社と契約しているところが多く、在籍確認は契約している保証会社が担当することが多いです。

 

みずほ銀行の場合はオリコが保証会社となっていますので、オリコから勤務先に電話がかかってきます。

 

 

オリコと名乗ることはありませんので会社の人に知られたくない場合でも安心です。

みずほ銀行カードローンは即日キャッシングに対応しています

私は友達の結婚式で渡すためのご祝儀を突然用意しなければいけなきなったので、みずほ銀行のカードローンに申込をしてキャッシングをすることにしました。

 

みずほ銀行のキャッシュカードと普通預金口座はすでに持っていましたし、

 

みずほ銀行の公式ホームページで確認をしてみると、みずほ銀行のカードローンは即日キャッシングにも対応しているということだったので、それは助かると思って申込をしたのです。

 

インターネットで申込をしたのですが、私は利用限度額を30万円で申込をしたので収入証明書も本人確認書類も提出不要ということで申し込みができました。申込をしたのは平日の朝、会社に出勤する前のことでした。

 

その後午前中の私が席を外している時間に会社に在籍確認の電話がかかってきて、契約社員の女性が受けてくれました。みずほ銀行という会社名を名乗り、簡単な確認をしただけで要件については電話を受けた方に話さなかったみたいだったので、カードローンの申込だとはバレずに済んだことが良かったです。

 

そしてその日のうちの午後にカードローンの審査が通過したという知らせを受ける事ができました。

 

すでに持っていたみずほ銀行のキャッシュカードにローン機能を追加するということで新たなカードの受け取りは必要ありませんでしたし、帰宅中にミニストップに立ち寄って使ってみたところ、無事にキャッシングができました。

 

即日キャッシングができたのでとても助かりました。

みずほ銀行カードローンの返済方法は3種類

みずほ銀行カードローンでは自動引き落とし、ATMでの任意返済、みずほダイレクトでの任意返済の返済方法をご用意しています。

 

毎月の返済は自動引き落とし、返済期間を短くし利息を節約するときはATMまたはみずほダイレクトをご利用できます。

 

任意返済にみずほダイレクトを選ばれるとわざわざATMまで出かけて並ばずに済むので手間が掛からないです。

 

みずほ銀行カードローンでは最短即日審査が可能、みずほ銀行口座があればキャッシング即日融資が可能です。

 

みずほ銀行と取引があり急ぎでお金の準備が必要と言ったときはこちらが便利です。

 

みずほ銀行カードローンではみずほ銀行本体と保証会社であるオリコと両方の審査を受けることが必要です。

 

オリコから勤務先へ在籍確認の電話連絡があります。

 

担当者名を名乗るので周りの会社の人に知られる心配はあまり無いです。

 

審査結果のご連絡は基本的にはメールですが電話でかかってくることもあります。

 

ご利用限度額200万円までなら収入証明書は不要、簡単な手続きだけで済ませられます。

 

カードローン口座の開設が完了次第ご利用スタートです。

 

お申込みした時間が遅いと翌営業日からご利用スタートとなりますので、急ぎのときは早めのお申込みが良いです。

 

 

みずほ銀行から借りる時の手数料の特徴

 

カードローンを利用しようと考えている方々は、やはり手数料を重視している傾向があります。

 

手数料は、基本的に1年あたりのパーセンテージで表記されている事が多いですね。年間の手数料が18%の商品に比べると、14%の商品の方がリーズナブルという事になります。

 

ところでみずほ銀行の手数料の場合は、最高で年間14%になります。他の銀行と比べても、比較的低く設定されている方ですね。

 

つまりみずほ銀行の手数料は、比較的リーズナブルという事になります。他の会社の場合は、18%になっている事も珍しくないからです。

 

ただしその手数料は、限度額に左右される事になります。上記の年間14%という数字は、100万未満で借りる時のものになります。

 

100万円台の場合は、年間12%と設定されています。さらに500万円台の場合は、年間5%などの具合ですね。

 

限度額と手数料は、反比例の関係にある訳です。

 

ですので手数料低く抑えたいと思うのであれば、限度額が高めな方が良いですね。

 

なお上記で申し上げた14%などの数字は、あくまでも現時点でのものになります。

 

金融業界の情勢によっては、その数字が変化する可能性はありますね。

 

金融緩和などが起きれば、上記の手数料が変わる可能性はあるでしょう。

 

 

瑞穂銀行カードローンの金利について

 

銀行系カードローンですと、消費者金融と比べると金利の適用範囲は安いことが多いのですが、

 

みずほ銀行カードローンはどれくらいの金利であり、その金利は他と比べるとどのような感じであるのでしょうか。

 

みずほ銀行カードローンの適用金利の範囲については4.0%から14.0%となっております。

 

この金利の適用範囲については、その他の貸金業者やカードローンと比べると、定評通り消費者金融よりは金利は安いといった感じです。

 

その他の銀行系カードローンと比べると、その金利の適用範囲としてはおおむね平均的な適用金利となっているような感じであります。

 

金利面としては、普通ですので、金利がより安いところで借入申請をしたいという方にとっては、みずほ銀行は候補にはならないと考えられますが、

 

通常の銀行系カードローンでの利用じゃないと申請が通りそうにないというのであれば、ここも候補には入ってくるでしょう。

 

また、金利面で特に大きな特徴がなくても、即日融資や一定の金額まで収入証明書がいらないことや、メガバンクという安心感を考えると

 

金利面でそれほどメリットがなくても、安心して利用できる点や、利用がしやし面があるのではないかと思われます。