お金の借り方 キャッシング電話確認や在籍確認なし消費者金融はある?初めてのカードローン

お金を借りる際に会社に電話されたくない方に朗報

 

カードローンの利用者の中には、在籍確認のために会社に電話されるのを好まない方も多いと考えられます。

 

同僚に詮索されるのが嫌だという理由ももちろんですが、

 

企業の中には、個人情報の漏洩を防ぐため、従業員個人宛ての電話を取り次がない決まりになっているところもありますし、

 

審査の多くは非通知で会社に電話をすることから、電話番号が不明な電話を一切着信しない設定になっている会社も見られます。

 

以前に比べて在籍確認が受けにくくなっている状況になっているのです。

 

消費者金融の中には、会社に電話することなく、書類の提出で在籍確認の代わりとするところも出始めました。

 

確実に申込書に記載した勤務先で働いているのが明白になれば問題ないとされています。

 

金融機関が認めている書類は、直近2ヶ月の社名入りの給与明細、直近1年分の賞与明細等や、

 

社名が記載されている健康保険証などになります。

 

国民健康保険証については、勤務先が記載されていないため、代替書類とは認められていません。

 

また、金融機関によっては、預金口座の登録が必須となりますが、提携している銀行口座でないと在籍確認なしにならないことがあります。

 

ただ、在籍確認で会社に電話をされないようにするには、他の借り入れやクレジットカードの良好な返済歴が必須となることがあります。

 

借り入れするのが初めて、

 

もしくは、債務整理をしている場合には、履歴が全くありませんので、在籍確認が必要なことがあります。

 

返済遅れが多かったり、希望額が多かったりする場合には、返済能力の有無を見るために会社に電話した方がよいと判断されることもあります。

 

 

おかねの借り方まとめ。 お金の借り方 キャッシング電話確認なし

 

お金の借り方 キャッシング電話確認や在籍確認なし消費者金融はある?初めてのカードローン

自分の都合で利用できるのがキャッシングのメリット

 

キャッシングやカードローンのメリットとしては、融資を受けたお金の使い道は自分で決めて良いということです。

 

普通にローンを組む場合は、決められた対象に対してのローンになるので、お金を自由に使うことはできません。

 

世の中はお金が掛かる事が多いですが、

 

ローンを利用できない事や、物もたくさんあるので、そのような際に不便に感じるのではないでしょうか。

 

そこでキャッシングやカードローンの特徴が役に立ちます。

 

例えば、大切なデートの約束をしたのに、給料日前でお金がピンチの場合などにも、

 

キャッシングやカードローンを利用しても良いという事です。

 

またセール品などで、欲しかった商品が現金特価で大安売りされている場合などには、

 

クレジットカードは利用できないことが多いです。

 

そんなときに内緒でこっそりキャッシングやカードローンを利用して、現金を用意し、買い物をする事も可能になります。

 

このようにアイデア次第で、キャッシングやカードローンは生活を豊かにしてくれるサービスといます。

 

もちろん自分の収入を無視した、キャッシングの使いすぎは大変危険なので注意するようにしましょう。

 

少しでもお得に借りたい場合は、なるべく早く返済する事を心がける事が大切です。

 

お金の使い方は人それぞれなので、自分のペースで無理のない利用を心がける事で、

 

キャッシングやカードローンを上手く使う事ができるでしょう。

 

キャッシング電話確認なしなら、モビットアイフルがオススメです。

カードローンローンやキャッシングを利用するときの注意点とは?

お金の借り方 キャッシング電話確認や在籍確認なし消費者金融はある?初めてのカードローン

ローンやキャッシングを使う人が増えてきた背景には、

 

ネットで手軽に申込み手続きができることがあります。

 

もしも、ローンやキャッシングを使うことになったら、気にとめておきたいことは何でしょう。

 

ローンやキャッシングを使う時には、どんな金融会社から融資を受けるのか、あらかじめしっかり確認することです。

 

信頼できる金融会社をしっかり選ぶということもポイントになります。

 

見た目以上に影響が大きいものが、ローンやキャッシングを利用する時の貸付金利の設定です。

 

ローンやキャッシングを使う時には、意外と金利は大変なものになります。

 

ローンやキャッシングを利用する時には、必ず金利について理解しておきましょう。

 

確実に、無理なく返済できるようにした上で、ローンやキャッシングを使っていきましょう。

 

きっちりプランをつくっておかないと、最悪、返済不能に陥ってしまいます。

 

ギャンブルなどで借金を繰り返すだけではなく、急な病気で仕事ができなくなるなどの事情もあります。

 

借りたお金を問題なく返済できるようにするには、

 

ローンやキャッシングの返済計画を立てる時に、無理なプランをつくらないことです。

 

ATMや、インターネットから、軽い気持ちで使えるようになったローンやキャッシングですが、

 

他人から借りたお金であるという事実は変わりません。

在籍確認バレたらどうなる?仕事場に連絡で上司にばれたら

 

お金を借りるということは自身の信用力を担保として差し出すことを意味するため、信用を失墜させる行為は避けなくてはいけません。

 

審査では属性チェックがあり、ここで年収や他社の借り入れについて調べられますが、これだけで信用力が決定するわけではありません。

 

審査項目には住居形態、電話形態、保険種別、勤続年数、その他の欄もあり、

 

もし嘘の入力をしてバレると審査で落とされるので注意しましょう。

 

昔は嘘に対して甘いところがあり、年収や勤続年数を多めに申告しても黙認されるケースが多く、

 

審査スタッフも年収350万円を400万円にして申し込んでもいい、などと言ってくる事例までありました。

 

当時は嘘に対して許容範囲が広かったのですが、貸金業法が改正されてから各社ともに審査が厳しくなり、

 

年収や勤続年数、勤務先情報などのチェックが厳格になりました。

 

昔は勤務先情報を偽っても借り入れできるケースが多々ありましたが、

 

最近は勤務先に在籍確認が行くので、嘘をついてしまうと在籍確認バレたという事態に陥ります。

 

無職なのに働いていると嘘をついたり、会社員と申告したけど実は非正規だったり、

 

大手企業と嘘をついたけど勤務先は中小企業だったり。

 

こうした嘘が在籍確認バレた場合は、その時点で融資不可となってしまい、今後はその業者から一切の借り入れができなくなる可能性が高いです。

 

たとえ個人信用情報機関の情報には名前が残らなくとも、金融機関は独自の顧客データを有しているため、要注意人物には融資はしないものです。

 

在籍確認は9割以上の業者が導入しているので、確実にあると考えて審査を受けたほうが安全でしょう。

 

一部の業者は在籍確認なしで貸出していますが、よく注書きを見ると原則としてなしと記載されており、審査状況によっては確認の電話を入れるケースもあるのです。

 

審査とは申込者の信用力を調べるのが目的ですから、信用力が怪しいと感じた相手に対してはより細かな部分まで調べるものです。

 

在籍確認に関しては嘘をつくメリットはまったくなく、むしろ嘘をつかない状態で借り入れできないならば、返済能力が備わっていないと考えていいでしょう。

 

例えば年収200万円の方が、500万円と偽って高額の融資を受けたとしても、返済能力を超えた借り入れをすればすぐに返済不能に陥るでしょう。

 

嘘をつくことなく正直に申告して、その属性で借り入れできなければ意味がないので、審査では事実のみを申告するようにしてください。

 

もし不備があった場合は業者から確認の電話があったときに、不備について伝えておけばその場で修正してくれるでしょう。

 

在籍確認バレたケースでよくあるのは、無職なのに前職場の勤務先情報を記載して審査を受けることです。

 

個人名で前職場に確認の電話が行くので、当然在籍していないのはその場でバレることになり、審査は確実に不可となることでしょう。

 

ローンの利用条件において一番大切なのは、借入額に対する返済能力を有していることであり、返済能力がなければ業者としても融資はしないものです。

 

返済できるかどうか疑問のある方には融資せず、原則として完済する能力のある方だけに融資をします。

 

消費者金融のキャッシングは総量規制による融資制限があり、

 

借りられる金額は最高で年収の3分の1となるため、無職・無収入で借り入れできる金額はゼロになります。

 

新規で50万円の借り入れをしたいならば、最低でも150万円の年収は必須となり、計算には他社の借り入れ総額も含まれます。

 

複数社での契約があると必然的に借り入れ総額も大きくなるため、総量規制の限度額を超えて新規で借りるのが難しくなるわけです。

 

利用していないローンやクレジットカードがあるなら、解約しておいたほうが新規契約では有利になるでしょう。